So-net無料ブログ作成
検索選択
ダイビング ブログトップ
前の1件 | -

【誰も知らないスポーツ】まさに宇宙遊泳?無限に広がる無重力の世界! [ダイビング]

こんにちは。

今日は、前回に続いてファンダイビングの続きをお伝えしますね。

スポンサーリンク


一本目のツアーで、沈没船とその周りを“探検”し終えた僕たちが次に向かったポイントでの体験です。


まさに、、、

宇宙遊泳を疑似体験!



一度は誰しも宇宙遊泳というものを体験してみたい!
ふわりと浮かんで気持ち良さそう!
いったい、どんな感覚なんだろう?

と、思われた方は多いと思います。

でも、多くの方はそんな“突拍子もない夢”だと諦めていませんか?


それが出来るんです!

スキューバダイビングがそれを可能にしてくれるのです!

では、僕が実際に体験した無重力世界を聞いて下さい。


イントラインストラクター)を先頭に、次に向かったポイントは沈没船のすぐ近くにある、大きな岩でした。

岩というよりも、小さめの“山”です。


急浮上に注意しながら(ダイビングでの急浮上は危険)、岩の頂上に行くとそこには色とりどりの魚達とともに

大きなイソギンチャクが迎えてくれました。そして、その中には、、、


いました!

ニモです。クマノミでした。皆さん良くご存知だと思いますが、このクマノミは凄く“気性が荒い”魚なんです。(笑)

もっと近くで見ようと近寄ろうものなら、


“こらぁ!こっち来るんじゃねぇ!!”

と、襲いかかってきます。(汗)

水族館やテレビ映画では絶対に分かりませんよね。


一通り岩の頂上を調査?した僕たち探検隊一行はいよいよ宇宙遊泳を疑似体験することに!


これが宇宙遊泳か?!



まず、イントラが岩の頂上から滑るように降りていきます。

それに続いて僕たちも後に続きます。

岩の頂上から海底の砂場までは、おおよそ7、8メートル。

地上では絶対に考えられません。


ゆっくりと、静かに降りていきます。

ふわり、ふわりと、、、


ん!?何だこの感じは、、、

もう、頭の中は“真っ白”です。



飛んでいるというか、無重力空間にいる様な感覚というか、本当に宇宙遊泳を疑似体験している自分がいます。


海底の砂場に着底すると、あまりの気持ち良さに力が抜けたような感覚が僕に襲いかかってくる程の衝撃でした。

この感覚もダイビングの魅力のひとつなんです。


残圧も20を切ッてきたので、ここで一本目のツアーは終了となりますが、、、

引き続き、この素晴らしい【ダイビングの醍醐味】をお伝えできればと思います。


次回は2本目のツアーと新しいスポットに行ったときの様子をお伝えしますね!




スポンサーリンク

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の1件 | - ダイビング ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。